Unity Leaening Materials

Unity Leaening Materials

10.4 k 2018年10月5日

Scriptable Render Pipelineを使ってみよう

CEDEC 2018

Unity 2018 で新たに追加された Scriptable Render Pipeline (以下SRPと略します)。

この機能を使う事でアプリケーション開発者が描画に関する処理のフローを
C# スクリプトで記述出来るようになりました。

本講演では SRP の概要の説明から始まり、ハイエンド向けに Unity 社が用意した
HDRP (High Definition Render Pipeline) の解説と、カスタムの SRP を構築する手順などについてお話しします。


共演:高橋 啓次郎(ユニティ・テクノロジーズ・ジャパン合同会社)

黒河 優介

ユニティ・テクノロジーズ・ジャパン
ディベロッパーリレーションエンジニア