2236 2020年7月22日

【Unity Reflect】どんなものか試してみよう〜基礎編〜

竹内 一生

建築業界ではBIM(建築情報が付与された3Dモデル)を扱うことが標準になりつつあります。
データを扱う上で、様々な用途に使用しなければならず、3Dで検討することに関して億劫になっていませんか。
業務で扱うソフトの多さに戸惑っていませんか。
実は、Unityを使うことで悩んでいることを全てを解決するオリジナルのコンテンツを作ることが出来ました。
しかし、BIMデータをリアルタイムに変更し体験できるコンテンツを制作するのは簡単ではありませんでした。
技術難易度と扱えるかの不安を解決する技術、『UnityReflect』が発表されました。
BIMを扱いやすく、更なる付加価値を与えてくれるこの製品を目の当たりにしてください。
この製品は常に進化し、使いやすいツールへと変化していきます。

UnityReflect トライアル申請 (日本向け):https://goo.gl/6BjoQx
UnityReflect ドキュメント:https://docs.unity3d.com/reflect/manual/index.html
UnityReflect ロードマップ:https://portal.productboard.com/ryk149xi2qtmns5iehpngb6u/tabs/3-launched

スライド