Unity Leaening Materials

Unity Leaening Materials

21.1 k 2018年10月5日

一歩先のUnityでのパフォーマンス/メモリ計測、デバッグ術

CEDEC 2018

開発者の皆様がより最適化・デバッグの作業を行いやすくするよう、
Unityはプロファイリングやデバッグに関する機能を日々アップデートしています。

本講演では下記の様な形で、Unityのプロファイリングや
デバッグに関する最新ツール事情やテクニックについて触れます。

・Unity 5.6からアップデートしたProfilerの進化と今後について
・実機上でも動作するメモリ・パフォーマンス計測手法について
・Unity Editor上で動作するパフォーマンス/メモリ計測に役立つツールの紹介
・2018.2から導入された IL2CPP環境下でのデバッグ機能やRM Profilerについて

黒河 優介

ユニティ・テクノロジーズ・ジャパン
ディベロッパーリレーションエンジニア

ほか2セッション